前へ
次へ

教育効果は測定して意義を考えよう

教育を受けた人も教育をしている人も、その効果があったのかどうかが疑問に感じられることはないでしょうか。
教える側としては本当に意図が伝わったのか、必要な知識を与えられたのかといった疑問を持つかもしれません。
教育を受けた人はその効果によって何ができるようになったのか、あるいは教えられたことをきちんと覚えられたかが気にかかるでしょう。
学校教育の場合には定期テストが行われて効果測定の結果が数字で出ます。
しかし、社会人になって社員教育を受けたり、セミナーに参加したりしてもあまり効果測定をしてもらう機会はないでしょう。
それが不安に感じられるなら試験の実施を上層部に依頼してみるのも良い方法です。
上層部としても教育をやりっ放しにしているよりは効果を測定して評価し、次の教育に生かしていくことが大切です。
セミナーの運営会社にも同様の意見を出してみると検討してくれる可能性があるでしょう。
効果を測定して教育の意義を両者が確認するのがより良い教育を生み出します。
そのためのきっかけ作りを自分で行いましょう。

Page Top