前へ
次へ

教育現場ではゆとりが必要なのかを考えよう

ゆとり教育が日本では大々的に行われました。
当初はカリキュラムも大きく変えてしまい、現場にも混乱を招くことになりましたが、現在ではその前との間を取ったような形でややゆとりのある教育が行われるようになっています。
ただ、本当にゆとりが教育現場に必要なのかどうかは再考してみた方が良いでしょう。
あまりに大きな変化を起こしたゆとり教育に対して批判が多いのは確かで、ゆとりはいらないから元に戻せという意見もありました。
ある程度は厳しい環境に置かれないと人は努力をしない傾向があるのは事実で、あまりむやみにゆとりを作ってしまうと怠惰な人が育ってしまう理数が高まるでしょう。
その考え方も正しいですが、ゆとりがないと創意工夫をする余力がなくなってしまい、詰め込み型の学習しかできなくなってしまいがちです。
そのため、ゆとりがある状況とない状況がバランス良く整っている教育現場ほど子供たちが強く豊かに成長していくと考えられるでしょう。

Page Top