前へ
次へ

英語教育は毎日少しずつを心がけて

英語教育を考えるとき、我が子が母語である日本語をどのように覚えてきたかを考えれば簡単です。
英語も同様に習得でき、まずは単語で覚え、音をインプットしてフレーズを覚えてきたら自分から話すことを繰り返し、最後に書くという流れで触れていきます。
この流れが一番スムーズです。
小学生の間に、アルファベットと単語をできるだけ覚え、生活に必要なフレーズを言ってみたり、簡単な英文を読んだりしていきます。
高学年になると、そうしたフレーズや自分のことに関して、少し書けるようになっておくと安心です。
英語を身につけさせようと意気込んで学習をスタートさせても、すぐに結果が出るというものではありません。
日本語を小さいころから、毎日使って身につけてきたように、英語にも毎日触れて、継続すること、そして言葉の習得を正しいステップを踏んで、自分のものにしていくことが大切です。
子供が興味のあるものや、好きなものなら英語の取り組みを楽しく感じられ、長く続けられます。

Page Top